かかりつけ薬局、
かかりつけ薬剤師とは?

複数の医療機関からお薬を処方される際、
飲み合わせや管理についてお悩みはありませんか?そのお悩み、「かかりつけ薬局」へ。

「かかりつけ薬局」を持つメリット

  • お薬の情報を一括管理
  • 体調変化への薬の影響を継続サポート
  • 開局時間外の24時間対応
  • 処方箋がなくても気軽に相談できる
  • 市販薬やサプリメントの選び方までアドバイス

指定した場合のメリット比較表

かかりつけなし かかりつけ薬局あり かかりつけ薬剤師あり
服用薬の
情報管理
都度異なる
(管理されない)
薬局内で一元化 担当薬剤師が一元的に把握
24時間対応 薬局によって異なる あり あり(担当薬剤師が対応)
医師との連携 有料 有料 かかりつけ
薬剤師指導料に包括
費用負担 なし なし あり(かかりつけ薬剤師指導料として30円~100円程度)
待ち時間 ・薬局の混雑状況による
・薬の準備ができるまで待つ必要がある
来局前に準備可能*
処方箋を預けておける
来局前に準備可能*
処方箋を預けておける
・担当薬剤師の混雑状況による

横スワイプで続きをご覧ください

  • *来局前にFAXで処方箋の送信が必要となります
  • 「調剤報酬における要件を満たしたかかりつけ薬剤師」がお薬をお渡しする場合、「かかりつけ薬剤師指導料」として、60〜100円(3割負担の場合)ほど追加でご負担いただくことになります。

「︎かかりつけ薬局」とは?

「かかりつけ薬局」とは患者さんの薬や健康に対する悩みを薬局全体で共有し、お薬のプロが親身にサポートするサービスです。お薬の重複を防ぎ、注意が必要な飲み合わせに気づくだけでなく、薬剤師の専門知識を生かした的確なアドバイスを受けることができます。

私たち「中川調剤薬局・らら薬局」は、すべての患者さんの薬物治療パートナーを目指しています。お薬や健康に関することなら、どんなに些細なことでも構いません。どうぞお気軽にご相談ください。

「︎かかりつけ薬剤師制度」とは?

「かかりつけ薬剤師」制度とは、いつも同じ薬剤師が担当することで、専属の「薬物治療パートナー」をもつことができる制度です。サポート内容や手続きなどの詳細は、薬局にてお尋ねください。

よくあるご質問

「かかりつけ薬剤師」を指名するにはどうしたらいいですか?

まずはお近くの薬局にて「かかりつけ薬剤師」指名のご希望をお伝えください。サービス内容の詳細やお約束ごとをご説明します。

指名した「かかりつけ薬剤師」に薬局でいつも対応してもらえるのですか?

お申し込み時にお薬手帳にご指名いただいた薬剤師の勤務表を貼付してお渡ししますので、ご参照ください。患者さんのご来局時に、当日の勤務状況などで「かかりつけ薬剤師」が対応できない場合、他の薬剤師が対応させていただく場合がございますので、ご了承ください。その場合は「かかりつけ薬剤師指導料」は発生しません。

かかりつけ薬剤師を指名すると費用が発生するのですか?

調剤報酬における算定要件を満たした薬剤師をかかりつけ薬剤師として指名した場合には、「薬剤服用歴管理料」の代わりに「かかりつけ薬剤師指導料」として、次回から60~100円(3割負担の場合)を追加でお支払いいただくことになります。

  • 調剤報酬における算定要件を満たしてない薬剤師をかかりつけ薬剤師として指名した場合、薬剤師が算定要件を満たした時点でかかりつけ薬剤師指導料を算定します。
  • かかりつけ薬剤師指導料をお支払いいただいて、かかりつけ薬剤師を指名していただいている場合には、体調変化への薬の影響を検討し医師と治療方針について検討を行った場合に発生する費用が発生することなく、薬物治療のサポートを受けることができます。

「かかりつけ薬剤師」を変更することは可能ですか?

はい、お申し出いただければ変更可能です。