採用担当者にQ & A

「中川調剤薬局・らら薬局」が求める人材とは?

「自分のやりたいこと」と「社員としてやらなければならないこと」の重なりが大きく深くなることで、スキルが身につき可能性が広がっていく。そういったことを楽しみながらチャレンジできる人と一緒に働きたいと思っています。

そのために会社は「薬に責任を持つ」というビジョンを掲げ、そのビジョンに向かうための道筋や手段を明確にし、業務に専念できる環境を整えています。楽しみながら仕事をするためにも、自分のチャレンジしたいことは「何なのか」「なぜやるのか」「どのようにやるのか」という点を掘り下げて考えられる人であって欲しいです。

「中川調剤薬局・らら薬局」が目指す、今後のビジョンは?

患者さんの健康的な暮らしに貢献するために「薬に責任を持つ」という理念・ビジョンは、どの時代においても変わらない本質であると考えています。さらに先を見据えてその質を高め、そして薬剤師として貢献できるフィールドを広げていくことに意欲と使命を感じています。

外来、在宅での医療用医薬品や一般用医薬品による薬物治療への責任はもちろん、

  • ①ケアという観点からサプリメントやアロマを取り入れた支援
  • ②認知機能維持のための新たな取り組み
  • ③プレママやママをサポートするイベント

など、国が推進する健康サポート薬局の機能を十分に発揮していきたいと考えています。

さらに、薬剤師と非薬剤師(Pharmacist's Partner:PP)が地域の方や他職種のみなさんと一緒に、地域全体の健康な暮らしに向けて問題解決をしているところを想像するとわくわくします。

「薬剤師の質が高まれば医療の質は高まる、薬局の機能が高まれば地域の健康の質は高まる」と思っています。

それを実現できるように「中川調剤薬局・らら薬局」は、地域での役割を担っていきます。